Welcome to OFF-ROAD TRIATHLON in TAHARA

RaceGuide

文字サイズ:

競技info

※コースは大会当日に発表いたします。
大会当日以外はコース全域のトレイルへの自転車乗り入れは厳禁です。

ルールは必ずご確認いただき厳守してください

■必ず守る注意事項

  1. 大会当日以外ではコース走行は絶対におこなわないこと。
  2. コーステープ、注意看板がある箇所には絶対に立ち入らないこと。
  3. 交通ルール、信号の厳守。信号の監視員、スタッフの誘導に必ず従うこと。
  4. 地元住民の通行を優先し、すれ違いの際は必ず徐行し挨拶をすること。
  5. コース上で排便行為は絶対におこなわないこと。

■BASIC RULES

  1. 自然を大切にし尊重すること。
  2. トレーニング、レース中においてもハイカー等のオフトラ参加者以外に注意し、迷惑をかけぬこと。
  3. あくまでも「大会のために公共の一部を間借りさせてもらっている」ということを忘れぬこと。
  4. レースではマーキングを自分でしっかり確認して進むこと。
  5. 体調不良、怪我やメカトラの場合は無理して進まぬこと。チャレンジの機会はまた訪れます。
  6. どんな時も楽しむこと!理不尽さを楽しむのが自然の中のオフロード。

■SWIM

  1. ウェットスーツ、ライフジャケット(膨張式は不可)、バッグ型救命補助浮き具の着用義務。
  2. 泳ぐ、浮く以外で進んではいけない、コースロープや浮き輪につかまって休むことは許されるが、ロープを伝って進んではいけない。
  3. 手首、足首から先には何も装着してはいけない。フィンやパドル等。

■BIKE

  1. 電動アシスト付きバイクの使用は認めない。人力のみ。(電動コンポはOK)
  2. こぐ、押す、担ぐ以外の方法で進んではいけない。
  3. バイクをラックから出す前にヘルメットのストラップを装着し、バイクをラックに置いてからストラップを外す。
  4. 危険箇所で無理な追い越しを行わない。
  5. シングルトラック(1人が通れるだけの細い道)では速い選手に後ろから声を掛けられたら必ず譲ること。
  6. ドラフティングはペナルティになりません。
  7. レースゼッケンに加工を施さないこと。
  8. レースゼッケンを必ず前面に装着すること。
  9. メカトラは自分で対応すること。選手間でのアシストはOK。観客等からのアシストはNG。
  10. コース上では警察、スタッフの指示に必ず従うこと。

■RUN

  1. レースゼッケンを必ず体の前面に装着すること。
  2. 走る、歩く、這う、転がる以外の方法で進んではいけない。
  3. 危険箇所で無理な追い越しを行わない。
  4. コース上では警察、スタッフの指示に必ず従うこと。

■TRANSITION

  1. エリアを示すラインを越えるまでバイクに乗らないこと。
  2. エリアを示すラインの手前でバイクから降りること。
  3. 他人のスペースを侵略したり、置いてある物を動かさないこと。

■禁止行為

  1. 他の選手を妨害したり、スポーツマンらしくない振る舞いや、下品、汚い言葉を発した選手は警告、降格、失格の対象となる。
  2. 会場内でゴミの投棄や自然破壊、コース破壊などの行為があった場合は失格の対象となる。
  3. イヤホン等による音楽を聴きながらのレースは禁止する。

■抗議

  1. いかなる抗議もフィニッシュから1時間以内に文書で大会運営者に提出しなければならない。抗議者は抗議内容をできるだけ詳細に書き、証明をして提出する。
  2. 口頭での抗議は一切受け付けない。


スケジュール 2020年4月時点
※スケジュールは競技の調整により変更の場合があります。
開催日:10月3日(土)

時 間Event schedule
5:30~7:30受付、パケットピックアップ、ナンバリング
トランジションエリアオープン
7:30~8:00競技説明会
8:00~8:20スイム入水チェック
8:30~フル&リレースタート
8:50~ライトスタート
9:30スイム制限時間(全クラス)
12:00バイク制限時間(仁崎峠 フル&リレー)
12:30バイク制限時間(白谷公民館 全クラス)
13:00ラン往復制限時間(パラグライダー フル&リレー)
14:00最後尾ゴール予定、全競技終了
13:00~17:00アワードパーティー(表彰式、ビュッフェランチ)

ルート案内について
矢印看板、リボンにより要所でコースを示す。(下記画像参照)
看板は樹木を傷めない方法で設置されるので注意をはらう。(テープ、折れた枝等を活用)
  ・バイクは進行方向に青色矢印の看板
  ・ランは進行方向に赤色矢印の看板
  ・分岐のない部分では一定間隔で木などにリボンを結び垂らされる。
   ランの森の中は約20m間隔を目安に取り付けられる。
  ・注意個所は「下車」・「ブレーキ」の看板が設置される。

画像の説明


PAGE TOP

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional